マッサージで解消!肩こりについて深掘りする

query_builder 2024/04/27
この記事では、肩こりの原因とその解消法を、マッサージの視点から紐解いていきます。また、自分でできる簡単なマッサージの方法も紹介しています。
Relax & Refresh maruhisa
ロゴ
お悩みに寄り添ったリラクゼーションで、お客様の美と健康のサポートをいたします。施術前にお悩みを聞き取り、気になる部位やお悩みに対応した施術を心がけ、京都市で癒しを提供しております。
Relax & Refresh maruhisa
住所:

〒604-8057

京都府京都市中京区梅屋町麸屋町

通錦小路上る4-9-2

HEIGHTS KYOGOSYO406

電話番号:
090-5049-8369

肩こりの症状と原因

まずは肩こりの症状とその原因について簡単に説明します。

肩こりの主な症状

肩こりの主な症状には様々なものがあります。一つは、肩が重く感じることです。朝起きたときや長時間のデスクワークの後などに特に感じやすい症状です。また、肩の痛みも肩こりの典型的な症状です。首や背中に広がる痛みや、肩甲骨の周りの痛みを感じることがあります。さらに、頭痛も肩こりと関連して現れることがあります。肩の筋肉の緊張が神経に影響を与えるため、頭痛を引き起こすことがあります。しばしば集中力や睡眠の質にも影響を与えるため、肩こりがあると頭痛や疲労感が増すこともあります。これらの症状が軽度から重度まで様々な程度で現れるため、それぞれの個人の状態に合った効果的な対処法が必要です。マッサージは肩こりの症状を軽減するための一つの方法として広く知られており、効果的な施術方法や自己マッサージの手法も存在します。肩こり対策には正しい知識を持ち、適切な対処方法を選ぶことが大切です。

肩こりの原因

肩こりの主な原因は様々な要素が絡み合っています。まず、長時間同じ姿勢でいることが肩こりの一因とされています。デスクワークや長時間のパソコン作業など、一つの姿勢を続けることで肩の筋肉が緊張し、血流が悪くなることがあります。また、ストレスも肩こりの原因として挙げられます。ストレスは身体の筋肉を緊張させるため、肩の筋肉も硬くなりやすくなります。さらに、眼精疲労も肩こりの要因となることがあります。長時間スマートフォンやパソコンを使ったり、近くのものを見続けたりすることで、目の疲れが肩にも影響を及ぼすことがあります。これらの要素が組み合わさることで、肩こりが発生するのです。ただし、個人によって肩こりの原因は異なる場合もあります。体質や生活環境、姿勢など、様々な要素が関与するため、一概には言えません。肩こりの原因を特定し、それに合わせた対策を行うことが肩こりの解消に繋がります。マッサージは肩こりを解消する一つの手段として効果的ですが、原因にもアプローチすることが重要です。日常生活での姿勢やストレスのコントロール、適切な運動なども肩こりの予防や改善に役立ちます。

マッサージで肩こりを解消する仕組み

ここでは、マッサージがどのように肩こりを解消するのかを説明します。

血流促進の効果

マッサージには肩こりを解消するために重要な血流促進の効果があります。血液の循環がスムーズになることで、肩周辺の筋肉の緊張が緩和され、肩こりが改善されるのです。

マッサージによって筋肉に加えられる圧力は、一定のリズムで繰り返されます。この圧力によって筋肉組織が刺激され、血管が広がり血流が増加します。すると、酸素や栄養分が筋肉にしっかりと届き、老廃物や疲労物質が排出されるようになります。これによって筋肉が疲労から回復し、緊張が解かれていきます。

特に、肩こりの原因となる筋肉の一つである僧帽筋は、マッサージによって効果的にほぐすことができます。マッサージによる刺激によって僧帽筋の筋繊維がほぐれ、血流が活性化します。この血流促進の効果により、肩こりによる痛みや違和感が改善されることが期待できます。

さらに、血流促進は筋肉の柔軟性を高めるためにも有効です。マッサージによって筋肉がほぐれることで、硬くなった筋肉が柔らかく伸縮するようになります。これによって、肩の可動域が広がり、肩こりの症状が軽減されるのです。

血流促進効果を最大限に引き出すためには、適切な圧力とリズムでのマッサージが必要です。強すぎる圧力や乱暴なマッサージは逆に筋肉を傷つける恐れがあるため注意が必要です。マッサージを受ける際には、信頼できる専門家に相談し、適切な指導を受けることが大切です。また、自己マッサージを行う場合でも、マッサージの手法や筋肉の特性についての知識を持つことが重要です。

血流促進効果を活かしたマッサージは肩こり解消に効果的ですが、個人の状態や症状に合わせたマッサージ方法を選ぶことが大切です。効果的なマッサージを継続することで、肩こりの改善が期待できます。

ストレス解消の効果

マッサージには肩こりだけでなく、ストレス解消の効果もあります。ストレスは肩こりの原因として挙げられることが多く、マッサージによって心身のリラクゼーションが促されるため、ストレス解消にも役立つのです。

マッサージを受けると、身体の緊張がゆるみ、心地よい感覚が広がります。このリラクゼーション効果により、ストレスが軽減されることがあります。マッサージ中に心地よい刺激を感じることで、脳内でエンドルフィンという快感物質が分泌されます。このエンドルフィンはリラックス状態や幸福感をもたらすため、ストレスや不安を和らげる作用があります。

また、マッサージによる身体への触れ合いは、心理的な安心感や緊張の解消にも繋がります。人の手による愛情やケアを受けることで、心の安定感や幸福感が高まります。マッサージのプロフェッショナルは、技術面だけでなく、温かい心を持って施術を行うため、心身の健康に寄り添う存在となるのです。

さらに、マッサージは深い呼吸を促す効果もあります。マッサージ中にゆったりとした呼吸ができることで、自律神経のバランスが整い、リラックス状態が維持されます。呼吸が深くなることでストレスホルモンの分泌が抑制され、心身の緊張が解けていきます。

ストレス解消の効果を最大限に引き出すためには、快適な環境や音楽など、リラックスできる要素を取り入れることも大切です。マッサージの際には、施術者とのコミュニケーションを大切にし、自分自身の心地よさを重視しながら施術を受けることが望ましいです。

マッサージは肩こり解消だけでなく、心身のストレス解消にも効果的な方法です。定期的なマッサージを取り入れることで、日々のストレスを溜めずに過ごすことができ、心身の健康を維持することができます。自分自身をケアする大切さを理解し、マッサージを活用することで、快適な生活を送ることができるでしょう。

マッサージの種類とその効果

様々なマッサージ方法があります。ここでは、その中でも特に肩こりに有効なものを紹介します。

スウェディッシュマッサージ

スウェディッシュマッサージは、肩こりに有効なマッサージ方法の一つです。その特徴は、ソフトからハードまでさまざまな力加減が選べることです。初めてマッサージを受ける方や痛みや強さに敏感な方でも安心して受けることができます。

スウェディッシュマッサージは、筋肉のほぐしや血流促進を目的としたマッサージ法です。テクニックとしては、ストローク(揉みほぐす動作)やニーディング(指での刺激)、振動、揺すりなどが使われます。これらの手法を組み合わせることで、全身の筋肉を緩め、血液の循環を促進します。

スウェディッシュマッサージは一般的にリラクゼーション効果が高く、ストレス解消にも役立つとされています。マッサージ中の優しい触れ合いや心地よい刺激により、緊張がほぐれリラックス状態になります。また、血流の改善によって栄養や酸素が全身に行き渡り、疲労回復や免疫力の向上にもつながります。

特に肩こりに悩んでいる方には、肩周りの筋肉を重点的にほぐす効果があります。肩甲骨周りや首、背中など、肩こりの原因となる筋肉を丁寧にほぐしていくことで、痛みや緊張感が軽減されます。

スウェディッシュマッサージは、専門のマッサージ師によって施術されることが一般的です。しかし、自己マッサージとしても一部の技術を取り入れることができます。肩こりが気になる場合、肩周りの筋肉を優しく揉みほぐすなど、日常のセルフケアとして取り入れることができます。ただし、自己マッサージでは適切なテクニックや圧力の調節に注意が必要です。

スウェディッシュマッサージは肩こりの解消やリラクゼーション効果に効果的なマッサージ方法です。痛みに敏感な方や初めてマッサージを受ける方でも受けやすいのが特長です。マッサージを受ける際には、信頼できるマッサージ師に相談し、自身の状態に合った施術方法を選択しましょう。

アロマテラピーマッサージ

アロマテラピーマッサージは、心地よい香りが特長で知られており、肩こりにも効果があります。このマッサージ法は、アロマオイルを使用して施術されます。

アロマオイルには豊かな香りとともに、植物の成分が含まれています。この香りが心身に作用し、リラクゼーション効果やストレス解消に繋がります。アロマオイルは肌に塗布される際、皮膚から吸収されることで身体全体に広がります。この作用により、オイルに含まれる成分が身体に作用し、リラクゼーションや癒しをもたらします。

アロマテラピーマッサージでは、アロマオイルを使用しながらゆったりとしたマッサージが行われます。アロマオイルの香りに包まれながら受けるマッサージは、身体だけでなく心にも深いリラクゼーションをもたらしてくれます。

特に肩こりに悩む方には、肩周辺の筋肉をほぐす効果があります。アロマオイルの滑らかな手触りと優しいマッサージによって筋肉が緩み、血行が良くなります。これによって痛みやこり感が緩和され、リラックス状態へと導かれます。

また、アロマテラピーの香りには心理的な効果もあります。例えば、ラベンダーやカモミールの香りはリラックス効果や睡眠の質の向上に効果的です。一方で、レモンやユーカリの香りはリフレッシュ効果や集中力の向上に役立ちます。これらの香りが心身に働きかけ、ストレスや緊張を解消するのです。

アロマテラピーマッサージは専門のアロマセラピストによって施術されることが一般的です。しかし、自己マッサージとしてもアロマオイルを使ったリラックスする時に取り入れることができます。自宅でのセルフケアとして、手のひらに少量のアロマオイルを取り、ゆっくりと肩や首などにマッサージを行ってみてください。ただし、アロマオイルには個人によって合う合わないがあるため、自分の体調や好みに合った香りを選ぶことが重要です。

アロマテラピーマッサージは、香りによる癒し効果と優れたマッサージの組み合わせによって肩こりの改善やリラクゼーション効果をもたらします。マッサージを受ける際には、自分の状態や好みに合ったアロマオイルを選んで受けることが大切です。

自分でできる簡単なマッサージ

お店に通うことが難しい方や、疑似的な肩こりの対処法を知りたい方のために、自分で簡単にできるマッサージ方法を紹介します。

肩甲骨の周りのマッサージ法

肩こりの改善には、肩甲骨の周りを意識したマッサージが効果的です。肩甲骨周りの筋肉の緊張やコリが肩こりを引き起こす場合が多いため、そのほぐしと血流促進を促すことが重要です。

肩甲骨の周りをマッサージする際には、まずゆっくりと指圧を行います。両手の指を使って肩甲骨の周りを指圧すると、筋肉の緊張が緩和されます。指圧する際には、適度な圧力をかけながらゆっくりと揉みほぐしていきましょう。また、肩甲骨の上部や外側、下部など、全体を均等にほぐすように心がけます。

次に、揉みほぐしながらストロークを使用して血流を促進します。親指を使って肩甲骨周りを円を描くようにマッサージすると、血液が流れやすくなります。特に痛みや違和感を感じる箇所には重点的にアプローチしましょう。徐々に力加減を調節しながら、筋肉が緩む感覚を感じるまで揉みほぐしていきます。

また、ストレッチも肩甲骨周りのマッサージに取り入れると効果的です。両手を背中で組み、胸を開くように肩甲骨を引き寄せるストレッチを行うと、肩甲骨周りの筋肉が伸び緩和されます。ストレッチ中は軽度の痛みを感じる場合もありますが、無理な力をかけずに行いましょう。痛みが強い場合は、無理なく自分の限度に合わせて行うことが大切です。

自己マッサージを行う際には、姿勢にも注意しましょう。まっすぐな姿勢を保ちながらマッサージを行うことで、効果的な刺激を与えることができます。また、マッサージの前後には軽いストレッチを組み合わせることもおすすめです。これによって、筋肉の緊張をほぐしやすくなります。

肩甲骨の周りを意識したマッサージは、肩こりの解消に効果的な方法です。肩甲骨の動きや筋肉の状態によって肩こりの症状が変わるため、自己マッサージを行いながら自分自身の体の状態を観察することも重要です。肩こりの症状に合わせた適切なマッサージ方法を選び、定期的にケアすることで肩こりの改善につなげましょう。

首の後ろのマッサージ法

肩こりを解消するために効果的なマッサージの方法の一つに、首の後ろのマッサージがあります。首の後ろは多くの人が緊張を感じる場所であり、肩こりの原因の一つともなっています。そのため、首の後ろの筋肉をほぐすことは肩こりの緩和につながります。

首の後ろのマッサージを行う際には、まず両手を使ってゆっくりと揉みほぐします。親指を使って首の付け根を中心に、上下左右に優しく圧迫し、筋肉の緊張を和らげていきます。特に痛みやコリを感じる箇所には重点的にアプローチしましょう。力を加え過ぎず、痛みを感じない程度の圧をかけることがポイントです。

その後、首の後ろの筋肉を指先でなぞるようにマッサージしていきます。親指と人差し指を使い、首の後ろを上方向にスライドさせるなどの動きでマッサージを行います。この指の動きで筋肉をほぐすとともに、血行を促進して新鮮な酸素や栄養を筋肉に届ける効果も期待できます。

さらに、首の後ろを優しく回すストレッチも有効です。両手を使って首の後ろを優しくグルグルと回すように動かします。ただし、無理な力をかけず、自分の体の限度に合わせて行うことが大切です。首の周りの筋肉の柔軟性を高めることで、肩こりの緩和に効果的です。

自己マッサージを行う際には、姿勢にも注意しましょう。まっすぐな姿勢を保ちながらマッサージを行うことで、首と頭部のバランスを整えることができます。また、マッサージの前後には軽いストレッチを行うこともおすすめです。これによって筋肉の緊張が和らぎ、より効果的なマッサージが行えます。

首の後ろのマッサージは、肩こりの解消に効果的な方法です。日常生活の中で姿勢が悪くなりがちな場面や、長時間同じ姿勢でいる場合に特に意識しましょう。自己マッサージを行いながら、症状に応じたマッサージ方法を確立し、肩こりを改善しましょう。

マッサージの頻度と注意点

マッサージは適度な頻度で受けることが大切です。また、マッサージを受ける際の注意点も紹介します。

マッサージの頻度

マッサージを受ける頻度は、個人の状態や目的によって異なりますが、一般的には週に1〜2回程度が理想的です。肩こりの症状が重度である場合や、日常生活での負担が大きい場合にはより頻繁に受けることもあります。しかし、頻度が高すぎると逆に体に負担をかけることもあるため、バランスを保つことが大切です。

マッサージの頻度は、個人の体調やボディメンテナンスの目的に合わせて考える必要があります。例えば、肩こりを特に解消したい方や疲労回復を目的とする場合には、週に2回のマッサージを受けることが効果的です。一方で、軽度の肩こりが起きている場合や予防として受ける場合には、週に1回のマッサージで十分な場合もあります。

また、マッサージの頻度に加えて、マッサージの持続性も重要です。一度のマッサージだけでは効果が持続しづらいため、定期的なマッサージを継続することが重要です。マッサージを受けた後は、効果を持続させるために自己ケアやストレッチ、正しい姿勢の維持など、日常生活での注意点にも注意を払いましょう。

ただし、個人の体調や状態に合わせてマッサージの頻度や方法を調整することが大切です。体に痛みや不調を感じた場合には、無理をせずに休息を取ることも大切です。マッサージを受ける際には、自身の体調や相談したいことをマッサージ師に適切に伝えることが重要です。

マッサージの頻度は個人の状態によって異なりますが、一般的に週に1〜2回程度の頻度が理想的です。定期的にマッサージを受けることで、肩こりの解消や健康維持に役立つ可能性があります。自己ケアとマッサージの組み合わせを工夫することで、より効果的な肩こり対策ができるでしょう。

マッサージを受ける際の注意点

マッサージを受ける際には、いくつかの注意点を守ることが重要です。これによって、安全かつ効果的なマッサージを受けることができます。

まず、マッサージを受ける前に自分の体調を確認しましょう。発熱や体調不良の場合は、マッサージを受ける前に一度休んで体を休めることが大切です。また、妊娠中や怪我をしている場合、持病がある場合などは、事前にマッサージ師に相談しましょう。特に、妊娠中や怪我をしている場合は、適切な施術方法が必要となるため、専門家の指導を受けることが重要です。

マッサージの強度や施術部位についても、自身の体調や希望に合わせてマッサージ師と相談しましょう。マッサージの強さやプレッシャーを調節することは、快適な施術を受けるためにとても重要です。強すぎるマッサージは体に負担をかける可能性があるため、自分にとって最適な力加減を求めることが大切です。

また、マッサージを受ける際には、親切にマッサージ師に自身の体の状態や痛みのレベルを伝えましょう。マッサージ師はプロフェッショナルですが、直接的に感じる状況や痛みは自分しか分からないため、適切なアドバイスや調整をするためにもコミュニケーションが重要です。

最後に、マッサージ後も適切なケアを行うことが大切です。マッサージによって筋肉がほぐれ、血行が促進されるため、身体がリセットされることがあります。マッサージ後は、水分補給や軽いストレッチを行うなど、身体をいたわるケアを行いましょう。また、翌日に痛みや違和感を感じる場合は、マッサージ師に相談しましょう。

マッサージを受ける際の注意点を守ることは、安全で効果的な施術を受けるために欠かせません。自身の体調や必要な施術内容をマッサージ師に的確に伝えながら、信頼できる専門家の施術を受けることが肩こり対策の一つとなるでしょう。

正しい姿勢の重要性

肩こりは生活習慣も影響するので、正しい姿勢についても触れておきます。

座り方の重要性

肩こりの改善や予防には、正しい座り方が重要です。長時間座っていると肩こりが起きやすくなるため、適切な座り方を心がけることが大切です。

まず、正しい姿勢を保つために背筋を伸ばしましょう。背中をまっすぐにし、自然なS字カーブを保つことが重要です。腰を前かがみにしすぎず、また背中を丸めないように意識しましょう。正しい姿勢を保つことで、背骨や肩甲骨にかかる負担を軽減し、肩こりの発生を防ぐことができます。

また、デスクワークやパソコン作業を行う際には、デスクと椅子の高さを適切に調整しましょう。肘がデスクに軽く乗る程度の高さが理想的です。また、デスクが高い場合には足をしっかりと床につけることができるような椅子を使用することも重要です。膝が直角になるように座ることで、腰や背中への負担を軽減し、正しい姿勢を保つことができます。

さらに、座る時間が長くなる場合には、定期的な休憩を取りましょう。長時間同じ姿勢でいると、筋肉が緊張し血行が悪くなります。適度な休憩を挟みながら、ストレッチや軽い運動を行うことで身体をほぐし血行を促進することができます。

座り方の重要性は、日常生活において肩こりだけでなく全身の健康にも関わる要素です。正しい姿勢を保つことで、骨格や筋肉のバランスが整い、身体への負担が軽減されます。習慣化させるためには、意識的な努力と習慣化のプロセスが必要ですが、健康な身体作りのためにはその努力が必要です。

パソコン作業の注意点

パソコン作業は現代の生活に欠かせないものですが、肩こりの原因となることもあります。正しい姿勢や適切な注意点を守ることで、パソコン作業中の肩こりを軽減することができます。

まず、ディスプレイの高さや位置に注意しましょう。画面は目の高さにくるように調整し、上を向いたり下を向いたりしないようにしましょう。また、キーボードとマウスの位置も肘が自然に曲がるような高さに調整することが重要です。腕や手首が無理な角度になることを防ぐことができます。

定期的な休憩もパソコン作業の注意点です。長時間同じ姿勢で作業を続けることは筋肉の緊張や血行不良を引き起こす原因になります。30分に一度の短い休憩を挟み、軽いストレッチや目の疲れを和らげるために視線を遠くに向けることをおすすめします。

また、適度な間隔で体のストレッチを行うことも重要です。首や肩、手首や指のストレッチなど、パソコン作業中に凝り固まりがちな部位をほぐす効果があります。これによって筋肉の緊張を緩和し、肩こりの軽減につなげることができます。

さらに、パソコン作業の環境にも注意しましょう。明るすぎる照明や、冷えすぎた部屋、乾燥した空気などは筋肉の緊張や眼精疲労を引き起こすことがあります。快適な環境を整えるために、十分な照明や適切な温度、湿度の維持に心がけましょう。

パソコン作業を行う際には、正しい姿勢や適切な注意点を守ることが肩こりの予防につながります。ディスプレイやキーボードの位置、定期的な休憩やストレッチ、作業環境の配慮など、身体の負担を軽減する工夫をすることが重要です。日常のパソコン作業において、身体の健康と快適さを優先しましょう。

適切な生活習慣と肩こりの関係

肩こり解消には適切な生活習慣も重要です。適切な食事や睡眠について解説します。

食生活と肩こり

食生活と肩こりの関係について考えましょう。食事は肩こりの改善にも重要な要素です。バランスの取れた食生活を送ることで、血液の循環や筋肉の健康に影響を与えます。

まず、十分な水分摂取が肩こり予防に役立ちます。水分不足は筋肉や組織の機能を低下させ、緊張や疲労を引き起こすことがあります。適切な水分摂取量を保つことで、筋肉の柔軟性や血液の循環を促進し、肩こりの緩和につながります。

また、栄養バランスの取れた食事も重要です。ビタミンやミネラル、タンパク質、良質な脂質を含む食材をバランスよく摂ることで、筋肉の健康を維持し、肩こりの予防に貢献します。特にビタミンCやビタミンE、マグネシウムなどは筋肉の緊張を緩和する効果があると言われています。

食事においては、加工食品や脂っこい食事、高カロリーな食品を避けることも大切です。これらの食品は炎症を引き起こしたり、血液の循環を悪化させる原因となる場合があります。肩こりの症状を軽減するためには、新鮮で栄養価の高い食材や、野菜、果物、全粒穀物を積極的に摂ることがおすすめです。

最後に、食事に関する個人の好みや体質にも配慮しましょう。自分に合った食生活や食材を選ぶことで、体調や肩こりの症状に適切に対応することができます。食事と肩こりの関係について理解し、バランスの取れた食生活を心がけることで、健康的な身体を保つことができるでしょう。

睡眠と肩こり

睡眠と肩こりの関係について考えましょう。十分な睡眠は肩こりの緩和に大きな効果があります。睡眠不足や睡眠の質が低いと、筋肉の緊張や神経の過敏化が引き起こされ、肩こりの症状が悪化することがあります。

良質な睡眠を確保するためには、正しい睡眠環境の整備が重要です。静かな場所や暗さを保った環境、適切な温度や湿度、快適な寝具などを整えましょう。また、寝る前にリラックスするための習慣を取り入れることも効果的です。入浴やストレッチ、リラクゼーション法などを行うことで、心と体をリラックスさせることができます。

睡眠の質を高めるためには、規則正しい生活リズムを作ることも大切です。毎日同じ時間に寝床に入り、同じ時間に起床することで、体内時計を整えることができます。また、寝る直前の刺激的な活動や食事を避けることも睡眠の質を向上させる助けとなります。

また、枕の選び方も肩こりに影響を与えます。適切な高さと硬さの枕を選ぶことで、正しい頭や首の位置を保つことができます。肩こりが特にひどい場合には、専用の枕やマットレスを検討することも有効です。

良質な睡眠は肩こりの緩和に不可欠な要素です。睡眠不足が続くと、筋肉や神経の疲れが蓄積し、肩こりが悪化する可能性があります。日常生活で十分な睡眠時間を確保し、質の高い睡眠環境を整えることで、肩こりの改善につなげましょう。

まとめ

この記事では肩こりの原因から、その解消法、予防方法に至るまで詳しく解説しました。

マッサージで改善

マッサージは肩こりの改善に有効な方法です。血行促進や筋肉のほぐし効果によって、肩周りの緊張や痛みを緩和することができます。マッサージを受けることで、心身のリラクゼーションも促され、ストレスや緊張が解消されます。定期的なマッサージを取り入れることで、肩こりの症状を軽減し、健康な身体を保つことができます。ただし、適切なマッサージ師の指導や自己マッサージの方法に注意しながら、個人の体調や状態に合わせたマッサージを選ぶことが重要です。

生活習慣の見直しも忘れずに

肩こりの解消には、マッサージだけでなく生活習慣の見直しも重要です。日常生活での姿勢やストレスのコントロール、適切な運動など、小さな工夫が肩こり解消につながります。正しい姿勢を保つことや適度な運動を取り入れることで、筋肉のバランスを整え、肩こりを予防することができます。また、ストレス管理やリラクゼーション法の実践も肩こりの改善に効果的です。日常の小さな習慣の見直しや心地よい環境づくりを心がけることで、肩こりの再発を防ぐことができます。マッサージだけでなく、生活習慣の見直しも忘れずに、総合的なアプローチで肩こりと向き合いましょう。

Relax & Refresh maruhisa
ロゴ
お悩みに寄り添ったリラクゼーションで、お客様の美と健康のサポートをいたします。施術前にお悩みを聞き取り、気になる部位やお悩みに対応した施術を心がけ、京都市で癒しを提供しております。
Relax & Refresh maruhisa

〒604-8057

京都府京都市中京区梅屋町麸屋町

通錦小路上る4-9-2

HEIGHTS KYOGOSYO406